身長をあと2〜3センチ伸ばしたい人へ!成長ホルモンの分泌力を高める身長アップサプリメント



私が身長を3cm伸ばした体験談を告白します・・・

160cm台という身長が男としてずーとコンプレックスでした・・・

私は現在、20歳の大学生です。

物心ついた時から、すごく気がかりなことがありました。

それは、男のくせに身長が170cmないこと・・・。

168cm・・・。少なくても、あと2cmは欲しかったです。身長が止まってしまってから、ずーとそう思っていました。

身長170cmと168cmでは数字的にはたったの2cmしか違いませんが、その印象は10cmくらいの差を感じてしまうのです・・・。

身長が170センチ以上ある人には分からないかもしれませんが、身長160センチ台の私としては、170センチ台と160センチ台には、中学生と高校生くらいの差を感じてしまうのです。

こちらもオススメ!
身長が高く見えるスニーカー »

もう20歳なので、身長のことはあきらめていました・・・

通常、身長が伸びるのは高校生くらいまです。

大学に入ってから身長が伸びたという話は、ほとんど聞いたことがありません。

だから、もうあきらめていました。一生、身長160センチ台で生きていくんだと。

身長が高くないという部類の中で生活していくんだと。

しかし、ある日、ひょんなことから身長は25歳くらいまでだったら伸びるという話を耳にしました。

その秘訣は、成長ホルモンにあると。

「成長ホルモン!?なんじゃそりゃ??」

最初はそう思いました。

しかし、ネットで成長ホルモンのことを調べていくうちに、どんどん成長ホルモンが持つパワーに引き込まれてしまったのです。

成長ホルモンってドラゴンボールの仙豆みたいに万能薬だ!

成長ホルモンとは人間の体内で生成されるホルモンのことです。

ホルモンには、健康維持のために体内の様々な機能を調節するという働きがあります。

成長ホルモンが持っている働きには、

  • 身長を伸ばす
  • 骨や筋肉をつくる
  • アンチエイジング(老化防止・若返り)
  • 脂肪の燃焼・代謝

などの、様々な働きがあります。

まさに、万能薬です。

しかし、残念なことに、成長ホルモンは10代をピークに、体内での分泌量が年齢とともに減少していきます。

つまり、20代から成長ホルモンは減少していくということです。

かつて、成長ホルモン注射を使った若返り療法は2500万円もした!

成長ホルモンは身長を伸ばしたい人だけでなく、アンチエイジング(老化防止・若返り)を気にしている40代以上の人からも注目されています。

特に、いつまでも若くありたい女性から最も注目されています。

成長ホルモンは脳の脳下垂体前葉という部分で作られる特殊なホルモンンですが、1956年にはじめて成長ホルモンの抽出に成功し、1980年代から世の中でも知られる存在となりました。

その当時、成長ホルモンを亡くなった人の脳から採取して、注射を使って体内に取り入れるという究極の若返り療法が行われていました。

その額、なんと2500万円!!

当時の金額で2500円ですから、現在の金銭価値だと一軒家が変えてしまうくらいの金額だと思われます。

現在でも、ハリウッドセレブのようなお金持ちの間では、成長ホルモン注射を使った若返り療法が行われています。

現在では、年間400〜600万円ほど言われていますので、まだまだ高額なアンチエイジング療法なんです。

体内の成長ホルモン量を増やす方法とは?

20代から減少してしまう成長ホルモンですが、再度分泌を促せば、身体年齢を若返らせることも可能です。

よくテレビや雑誌などで見かけますよね?

どう見ても20代にしか見えないのに、実は40代だったとか。

実年齢よりずーと若く見える要因の1つに、成長ホルモンの分泌量が多いことが上げられます。

また、成長ホルモンは身長を伸ばすにも必須のホルモンです。

では、体内の成長ホルモンの量を増やすには、どのような方法があるのでしょうか?

それには、以下の3つの方法があります。

  1. 人工的に合成された成長ホルモンを一時的に外部摂取する注射療法
  2. 注射以外の方法(口から直接摂取するなど)
  3. 自分自身の体内で成長ホルモンの分泌量を継続的に増加させる

1番目と2番目は、外部から成長ホルモンを補充して、体内の成長ホルモンの量を増やすという方法です。

3番目は、体内で分泌される成長ホルモンの量を増やすという方法で、外部から補充するのはありません。

先ほども書きましたが、成長ホルモン注射は年間数百万という非常に高額なものです。しかも、注射って痛いですから嫌ですよね。

また、外部から補充する方法ですと、補充をやめると元に戻ってしまうので、一生補充し続ける必要があります。

そうではなく、内からの分泌量を増やす3番目の方法がオススメです!

体の内側から成長ホルモンの分泌量を増やすには?

体の内側から成長ホルモンの分泌量を増やすには、それに特化したサプリメント(健康食品)を摂取する方法があります。

私が使っているサプリメントは、日本新光製薬から発売されている成長ホルモン分泌促進サプリメント「HGH-21Program」です。

成長ホルモン分泌促進サプリメント「HGH-21Program」は、外部から成長ホルモンを補充するサプリメントではなく、体の内側から成長ホルモンの分泌量を継続的に増やす働きをするサプリメントです。

しかも、製薬会社が作ったサプリメントなので、健康食品会社が作ったものより安全です。

また、この成長ホルモン分泌促進サプリメント「HGH-21Program」は、背を伸ばす目的でクリニックの低身長外来でも利用されています。

「HGH-21Program」の効果的な飲み方

成長ホルモン分泌促進サプリメント「HGH-21Program」は、1箱に42包入っています。

朝食後に1包、夜寝る前に1包の1日2包飲みます。

つまり、1箱で21日分(3週間)ということです。

成長ホルモン分泌促進サプリメント「HGH-21Program」の効果的な飲み方は、9週間(3箱)飲み続けて、2週間休むを3回繰り返す飲み方です。

「3箱飲んで2週間休む」「3箱飲んで2週間休む」「3箱飲んで2週間休む」を1クールとし、この飲み方が成長ホルモンを分泌を促進させるのに有用であると言われています。

成長ホルモン分泌促進サプリメントの効果的な飲み方

この33週間(約8ヶ月)を1クールとしています。つまり、1クール(約8ヶ月)で9箱の「HGH-21Program」を飲むということです。

もちろん、効果がすべての人に当てはまるということなく、人によって効果の出方やスピードは違います。

6箱目から背が1cmほど伸び始めたという人もいれば、25歳で2クール(約16ヶ月)やって6cmも伸びたという人までいるそうです。

私の場合は、1クールが終わる頃に効果で出はじめ、2クール目の途中で171cmと3cmも身長がのびました!

今も継続中です!